炭火焼・八剣伝「日本うまいもの紀行」でマル幸の「さらしくじら」登場!

あの炭火焼の八剣伝で「日本うまいもの紀行‐瀬戸内」が開催!

八剣伝で「日本うまいもの紀行‐瀬戸内」アットホームなサービスと落ち着いた雰囲気で幅広いお客様に人気の本格炭火焼き鳥の全国チェーン「八剣伝」。 その八剣伝の全店舗(一部除く)で、H30年11月5日~12月12日まで、瀬戸内にスポットをあて、山海の幸を満喫いただける「日本うまいもの紀行‐瀬戸内」が開催されます。

  • 実施店舗: 八剣伝全店舗(一部未実施店舗有り)
  • フェア期間: 平成30年11月5日(月)~平成30年12月12日(水)
  • フェア内容: 瀬戸内にスポットをあて、山海の幸を満喫いただけるメニューをご用意

▼詳しくは
⋟八剣伝「日本うまいもの紀行‐瀬戸内‐」ご案内ページ

マル幸の「さらしくじら」もメニューに!

マル幸のさらしくじら瀬戸内には、山海の美味しいものがたくさん!
そんな中、マル幸の「さらしくじら」もメニューに登場します。

1皿380円のお手頃価格で、さっぱりしているのにコクがある、適度に残った脂の旨みや香りやをお楽しみいただけます。 酢味噌が一層味を引き立てますす。

さらしくじらは、「マル幸オンラインショップ‐くじら亭」でもお求めいただけます

⋟マル幸オンラインショップ‐くじら亭: さらしくじら

【炭火焼・八剣伝】———
焼き鳥を中心に、揚げ物、焼き物、食事などバリエーション豊かに居酒屋メニューをラインナップした品揃えの本格炭火焼き鳥店。木と炭を中心にして落ち着いた雰囲気を演出。ゆったりと寛いでいただけるような内装で、楽しく・美味しくお楽しみいただけます
八剣伝 公式サイト https://www.marche.co.jp/brand/hakkenden.html

ふく食解禁130年記念「とらふく会席」特価キャンペーン!

ふく食解禁130年

ふぐ食解禁130年記念特価マル幸の「とらふく会席」

2018年(平成30年)は、1888年にふく食が解禁されてから130年という大きな節目の年になります。

ふぐ取扱量日本一の下関市では、この記念の年をに「食の王様 下関のふく」を、改めて皆様にお届けするキャンペーンを展開しています。

マル幸通販サイトでも、ふぐ商品の特別価格での販売をいたします。

»豪華「とらふく会席」ご注文こちら

マル幸の「豪華・とらふく会席 」特価キャンペーン!

下関の地で100年間水産物を販売してきたマル幸でも、もちろん、ふぐ商品の特価販売キャンペーンを実施します!

マル幸の通販サイト「くじら亭」にて、販売中の

「とらふく会席」 通常価格 税込 16200円を 特価 13000円!

で販売致します。

下関国産ふぐセット(とらふぐ刺・ふぐちり・ふぐ唐揚)

【送料無料】とらふく刺身会席(3人前) ※価格は税込です。

キャンペーン期間: 2018年(H30)年10月1日~2019年(H31)3月末日まで

ふぐの名産地・下関からお届けする、「とらふく刺」、「ふく唐揚」、「ふくちり」の豪華なセットです。
ふく刺は、国産のトラフグ。ふくちり鍋やふく唐揚は、下拵えが済んでいますので、最後の調理をするだけで、美味しく本場のふく会席をお楽しみいただけます。
お中元やお歳暮ギフトとしてご贈答用の他、ご自宅用としても是非どうぞ!
(「ふくちり」は10~3月の秋・冬のみ、4~9月の春・夏は「ふく一夜干」となります。)

»豪華「とらふく会席」ご注文はこちら

直売店「魚餐(ぎょさん)」を閉店しました

マル幸の直売店「魚餐(ぎょさん)」は、オンラインショップへ全面移行のため、H30年5月末を持って閉店いたしました。

永年のご愛顧、誠に有難うございました。

今後は、「マル幸 下関大丸店」 および「くじら・ふぐのオンラインショップ『くじら亭』」をご利用くださいませ。

マル幸 下関大丸店

マル幸・下関大丸店
マル幸・下関大丸店

下関大丸の地下食品売場内のお店です。
くじら、ふぐの始め、辛子明太子や蒲鉾など、下関の特産品を販売しています。

所在地:下関市竹崎町3丁目4-10
TEL:083-235-2555
営業時間:10:00~19:30
店休日:大丸定休日に準じる

オンラインショップ「くじら亭」

マル幸オンラインショップ本場のくじらの刺身やもつを始め、美味しいくじらやふぐ加工品などをお取り寄せいただけます。

»マル幸オンラインショップはこちら

鯨の美味しさ体験イベント「鯨フェス2018 in九州&山口」に出店します!

“鯨料理の美味しさと栄養価値”体験イベント 「鯨フェス2018 in九州&山口」開催!

鯨フェス20182018年2月13日~2月14日の2日間、博多駅 駅前大屋根広場で、日本の食文化の重要なものの一つ「鯨」料理にスポットを当てた、“鯨料理の美味しさと栄養価値” 体験出来るイベント 「鯨フェス2018 in九州&山口」 が開催されます。

    • 日時: 2月13日(火) 13:00~21:00 / 2月14日(水) 12:00~20:00
    • 開催場所:JR博多駅 駅前大屋根広場
    • 主催: 日本捕鯨協会
    • 入場料:無料 ※料理のご注文は有料です。

もちろん、マル幸商事も出店します!

九州各地の“鯨料理”が、博多駅前に大集合!

マル幸くじらカレー
Fish-1グランプリでも受賞した、マル幸の「くじらカレー」

日本の大切な食文化 “鯨” の魅力をパネル展示や実際に鯨料理で伝えます。九州各地のくじら製品や、鯨の食文化が根付いた九州ならではの鯨料理を実際に提供します。
【料理例】
くじら汁、くじらカレー、くじらお煮しめ、鯨肉じゃが、鯨のスペイン煮(アル・アヒージョ)、鯨だご汁・・・などなど。

また、缶詰や希少部位の鯨肉などの即売会も予定されています。もちろん、マル幸からは人気の「くじらカレー」など出品・販売します!

是非、お越し下さい。お待ちしております!!

山口県の風習「節分には「鯨」を食べる!?」‐くじら歳時記vol-1)

さあさあ、もうすぐ節分。豆まきの季節ですね。「恵方巻き食べるんだよ!」 って方もいらっしゃる?
いや、山口県には、もっと違うものを食べて、新しい1年を願う習慣があるんですよ!

節分は1年に4回!?

山口県では節分に鯨を食べる?「節分」は、毎年2月の始め、だいたい3日か4日頃にやってきます。
これは、“春の節分”の事を呼んでいるんですね。

「えっ、他にも節分があるの??」

そうなんです。節分とは、旧暦において4つの季節を分ける日の事で、季節の始まりの日の前日、つまり「立春」・「立夏」・「立秋」・「立冬」の、前の日の事なんですね。

1年のスタートは「立春」、節分には「豆まき」

やっぱり“春”がスタートの季節。1年のスタートは「立春」なんですね。
ですから“旧正月”もこの頃です。なので、「節分」と言えば「春の節分」のことなんです。「節分」は1年が終わる節目の日。新しい1年に向かって、いろいろな願い事をするなんてのは人情ですよね。

節分と言えば「豆まき」。この豆まきは、一般的には「福は内、鬼は外」との掛け声とともに、炒った大豆の“福豆”」を撒いて、邪気を払う大昔からの風習で、年の数か1つ多く豆を食べると、体が丈夫になり、風邪をひかないと言われでいますね。
また、邪気除けの柊鰯(wikipedia)などを飾る所もあるそうですよ。

恵方巻き? いえ、山口県では「節分は鯨」を食べる!

鰯を食べるという地域(主に西日本)もあるそうですが、中には、けんちん汁(関東)やこんにゃく(四国)、はたまた“節分そば”を食べる所まであるそうです。
まあ、近年はスーパーやコンビニの販売戦略(笑)で、多くの人が昔からの地域の風習とは関係なく食べているようですね。

しか~し! 『山口県には、「節分に“鯨”を食べる」風習・行事』があるんです。

鯨の刺身「大きいものを食べると縁起が良い」とされていて、一年の節目にあたる節分に「くじら」を食べる事は、「大きな幸せ」を願ったり、「大きく元気な子に成長」して欲しい、「心や志を大きく」という、鯨の大きさに託した、春を呼び、新しい1年をよい年にと願う風習です。

鰯の場合は、「弱し」や「卑し」に似た語から、弱く、卑しく、臭いのある鰯を食べることで「陰の気」を消すということからきているそうです。

「鯨・くじら」は、その逆で、鯨の大きさや雄大さ、どこまでも海を泳いでいける力強さなどにあやかろうという気持ちや願いを表しています。

鯨は、刺身・くじらベーコン・鯨の皮の煮物・おばいけ・竜田揚げ・・・ どれも美味しそうですが、私はやっぱり、「畝須ベーコン」でビール!! ってのが最高です。ハイ。
この組み合わせが頭に浮かんだ以上、ともかく、今年の「節分には鯨」を食べる事にします(ザッツ・オール・ライト‐福笑)。

追伸:今私がビールと食べたい「畝のベーコン」はコレです。 »くじら畝須(うねす) ベーコン(40g:ミンク鯨)

マル幸のくじら製品を使った”くじらパン”が登場!

マル幸のくじら製品を使ったコラボパンが「カトルセゾン下関大丸店」で販売開始!

下関で”デパ地下”のパン屋さんといったら、「カトルセゾン下関大丸店」さん。

そのカトルセゾンさんが、マル幸商事のくじら製品とのコラボ商品を開発! 「くじらメンチカツバーガー」と「くじらの竜田揚げカレーパン」が、2017年の12/27より新商品として販売開始されました。

»食べログ・カトルセゾンページ

大丸下関2018011チラシよりカトルセゾンのくじらパン
カトルセゾンのくじらパン(大丸下関2018011チラシより引用)

【くじらメンチカツバーガー】 ¥324

パン生地には竹炭を使用しているので、その色はなんと”黒”。インパクト大です!これは、「くじら」をイメージしているんですね(マル幸‐歓喜です!)

なんと、”くじらメンチカツ”が、まるごと1個!? 入っています! そしてソースの代わりに「タマゴサラダ」を合わせ、見た目も美味しさもGoodなコラボレーションとなっています。

【くじらの竜田揚げカレーパン】 ¥259

こちらも、同じ竹炭を使った黒生地の中に、たっぷりの“黒カレー”をつめて、さらになんと! “「くじら竜田揚」がまるごと1枚”!! 入っています。

»下関大丸2018/01/11広告ページ

くじらと竹炭にはカラダにとってもよい効果!

「バレニン」

くじらの赤身肉には「バレニン」というアミノ酸が豊富に含まれています。くじらが絶食状態で出産し、そのまま数千kmも不眠で泳ぎ続ける驚異的なパワーや持久力の秘密だと考えられています。
2013年に日本鯨類研究所が行った試験でも、ヒトに対して、疲労を軽減する効果があるという結果が得られました。

「竹炭」

竹炭には体内から毒素や老廃物を取り除くデトックス効果があります。

お腹とカラダにうれしい、くじらとパンのコラボレーション。是非、召し上がってみてくださいね!!

マル幸くじらカレー「第5回 Fish-1グランプリ(2017年度)“全国水産卸協会会長賞”」受賞!

「第5回 Fish-1グランプリ(2017年度)」、本選会結果報告!

マル幸の「くじらカレー」が、「第5回 Fish-1グランプリ(2017年度)」の「国産魚ファストフィッシュ商品コンテスト」部門の最終候補にノミネートされたことは、先日よりお伝えしていましたが、
その本選会が、2017年11月19に、東京は日比谷公園・ジャパンフィッシャーマンズ・フェスティバル会場内で行われました。

3位相当 「全国水産卸協会会長賞」 受賞!!

fish-1グランプリ2017「国水産卸協会会長賞」くじらカレ-
fish-1グランプリ2017国産魚ファストフィッシュ商品コンテスト」「国水産卸協会会長賞」マル幸のくじらカレ-

なんと、「くじらカレー」は、全体の3位に相当する、「全国水産卸協会会長賞」を頂きました!!

これも、皆さまの日頃のご愛顧の賜物と、心より感謝しております。

当日ご来場いただいた方も、また、残念ながらお越し頂けなかった方も、応援本当にありがとうございました。
今後もマル幸の「くじらカレー」をお引き立ての程、ずずずィ~っと!よろしくお願いいたします!!

“記事の” の続きを読む

期間限定!下関市「ブランチハウス」のくじらメンチカツ弁当

 

201712 ブランチハウスのくじらメンチカツ弁当

下関の「ブランチハウス」で、期間限定の“くじらメンチカツ弁当”登場!

 

ブランチハウス川中豊町店
ブランチハウス川中豊町店

山口県下関市の川中にあるお惣菜と弁当の店「ブランチハウス」で、定期開催イベント「ブランチハウスお弁当祭」があり、マル幸のくじら製品を使ったお弁当を作って下さいました!

「くじらメンチカツ弁当」(500円-画像)は、リーズナブルなお値段で、ヘルシーなお惣菜がたっぷりの美味しくお弁当です!

お弁当をお求めの方は、是非一度ブランチハウスをお訪ねくださいね!

»ブランチハウス 川中店

所在地:山口県下関市川中豊町7-14-2

ウェブサイト: http://brunchhouse.net/

よしもと・山口県住みます芸人「どさけん」さん、鯨マル幸にご来店!

よしもと・山口県 2代目 住みます芸人「どざけん」さんご来店!

よしもと・どさけんさんご来店
ご試食の後、たくさんの鯨やふぐ製品をお買上げいただきました!

なんと、吉本興業の各県住みます芸人「どさけん」さんが、マル幸のお店「魚餐(ぎょさん)」にお越くださいました!

参考記事⋟お笑いナタリー:「ロンブー淳も応援、どさけんが山口県2代目住みます芸人に」

“記事の” の続きを読む

マル幸「くじらカレー」第5回 Fish-1グランプリ(2017年度)ノミネート!

Fish1グランプリ2017

マル幸の「くじらカレー」、国産魚ファストフィッシュコンテスト最終ノミネート!

2017年11月19日に行われる、「第5回 Fish-1グランプリ」の 「国産魚ファストフィッシュコンテスト」部門において、マル幸商事の「くじらカレー」が最終ノミネート商品に選ばれました!

Fish-1グランプリには、その他にも、さかなクンによるステージイベントなどさまざまな楽しい催しが予定されています。
入場は無料ですので、お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください!

Fish-1グランプリ とは

“記事の” の続きを読む