節分には「鯨を食べて」邪気を払いましょう!

山口県では節分に鯨を食べる?さあ、もうすぐ節分です。

節分とと言えば「豆まき」。近頃ではコンビニやスーパーの大々的な広告で、「節分は恵方巻き食べるんだよ!」って言う方も増えているようですが、いやいや、山口県では『節分には鯨を食べる』んです!

節分は、誰が何と言っても鯨を食べるんです!(笑)

旧暦では、1年の始まりは「立春」。その分かれ目となる前日=大晦日が「節分」ということなんですね。
ですから、新しい1年を願うに際して、「豆まき」を始めとした、様々な邪気を払う習慣があるんですよ!

この、山口県の面白い『節分には鯨を食べる』について、ブログ&コラムコーナーの記事に詳しく書いていますので、どうぞご覧くださいね。

»「くじら歳時記vol-1:山口県の風習「節分には「鯨」を食べる

節分の鯨のお取り寄せは、くじら専門通販サイト「くじら亭」でどうぞ!

»マル幸オンラインショップ‐くじら亭